古希祝いに贈るプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはどれくらいの期間美しさが保てる?

プリザーブドフラワーはどれくらいの期間美しさが保てる? プリザーブドフラワーは生花を特殊な方法で加工した花です。プリザーブドには英語で保存するという意味がありますが、その名の通り長期間枯れることなく綺麗な状態を保つことができます。
ドライフラワーとはまた違った質感で、限りなく生花に近い質感が特徴です。一般的に生花は1日~数週間程度で枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは1~5年程度は綺麗な状態を保つことができます。
水やりの必要がないため、手軽に部屋やオフィスなどに飾っておくことができます。ただ、プリザーブドフラワーは湿度に弱いため、水場の近くにはあまり適していません。
気温18~25℃、湿度30%~50%くらいの環境が適しており、なるべく風通しの良い場所に飾っておくとより長持ちするでしょう。
また、直射日光にも弱いため、仮に直射日光を浴びると色あせや花びらのひび割れなどが発生する場合もあります。
保存状態によって美しく保てる期間も変わってくるので、飾る際には注意が必要です。

プリザーブドフラワーは一本から買える?

プリザーブドフラワーは一本から買える? プリザーブドフラワーは造花とは違い、生花の風合いを残したまま特殊加工されたお花です。
水やりの必要もなく、枯れることもないため数年も綺麗な状態で飾って置くことが可能です。
最近はプレゼントとして利用される方がとても増えてきました。プリザーブドフラワーはアレンジされたものがほとんどですが、ちよっとしたプレゼント用などに、一本単位で買えるお店も増えています。
大輪のバラを1本プレゼント用にラッピングしたものや、1本のバラに少しだけアレンジを加えた可愛らしい商品も人気です。
アレンジだと価格的にも高いものが多いため、ちよっとしたプレゼントにはなかなか利用出来ませんが、1本単位だと気軽に利用出来ます。
手作りのお菓子にちよっと添えてみたり、卒業や入学などのお祝いに利用するのもおすすめです。
他のプレゼントの演出として使われる方も多いようです。プリザーブドフラワーの魅力として、カラーの豊富さもあります。
生花にはないようなカラーもあり、贈る相手の好みに応じて選ぶことも可能です。
プリザーブドフラワーはネットショップを利用するのが手軽で便利です。
専門店が多いため、ラッピングやカラーなどの相談にも色々応じてくれます。